催眠で出てくる前世は本物?

〒956-0116 新潟県新潟市秋葉区舟戸(信越線 矢代田駅から徒歩5分)

受付時間
9:00~16:00(完全予約制)
 定休日  
日曜・祝祭日

お気軽にお問合せ・ご相談ください  

前世が見えないと効果ない?の誤解

前世(らしきもの)が見えること、見えないこと

前世が見えるかどうか

ヒプノセラピーを受けられる方が、期待したり不安になったりすることのひとつ。それは「前世が見られるかどうか」です。

結論を先に言ってしまうと、「その時による」です。
というのも、その方にとって「その時一番必要なことが前面に出てくるので(詳しくは後述)、それが前世の場合は前世が出て来ますし、幼少期であれば幼少期が出て来ます。場合によっては、大人になってからの出来事かもしれません。

一番必要なこと、というのは、無意識のご自分が理解していて、ご自分で情報を引き出してくることです。
例として、前世が見たいと思っている方が受けた時、一番最初に出てきたイメージが、子どもの頃の自分の場合。これは幼少期を先に見ていく必要があるとご自分で(無意識に)理解しているからなのです。
幼少期を振り返ったあとに、前世が現れることも多いです。

 

そもそも前世かどうかは効果に関係ない

クリックで拡大

前世への誘導を行い、前世らしい内容を目の当たりにし、感動し癒される方がたくさんいらっしゃることは、事実です。
ただ、その前世が「絶対に100パーセント前世である」とは、誰にも証明ができないことです。

では、100パーセント前世でないことには、効果はないのでしょうか?
・また、受けたタイミングで出てきたイメージが、前世ではなかったら、意味はないのでしょうか?

答えは、NOです。
出てきた内容自体にとても意味があり、今のご自分が出した答えだからなのです。

図をご覧ください。
「ヒプノセラピーとは」の「潜在意識と顕在意識」の章でも出てきた内容ですが、ヒプノセラピーの本質を図にしたものです。
無意識の中にしまわれていた「トラウマ」や「思いこみ」などの情報をイメージとして出すことが、ヒプノセラピーの性質です。そこからその情報を、誘導によって癒したり手放したりしていくのです。知らずにためこんでいたカビの根っこを、浮き上がらせて流し落とすような感じです。

つまり、出てきた情報がどんなものであれ、ご自分の今に一番必要なものを流し出せるということなのです。
「無意識」を「意識化」することの効果は絶大で、今まで気づかずに起こっていた反応が一気に改善することが多いです。

イメージ自体がわきづらい方

前世が見えること、見えないことの差はないということは、お分かりいただけたと思います。同じく、見えたものに全て意味があり価値があることもお話いたしました。
では、イメージが全くわかない!という方は、どうしたらいいのでしょう?次はそんなお話です。

時々、「イメージが出てくるか不安です」という方がいらっしゃいます。他のヒプノセラピーサロンさんで受けて、出てこなかったといわれる方も時にはいらっしゃいます。
理由としては、いくつか考えられます。

  1. ガチガチに緊張していた(リラックスできなかった)
  2. 誘導に入り込めなかった(セラピストへの信頼の度合い、場所の居心地の悪さ)
  3. 見え方への誤解(映画みたいにリアルな映像に違いない、前世でなければ意味がない等)
  4. 頑固さ(前世を絶対に見たい!恋人とどうしても上手くいきたい!という執着等)
  5. 呼吸(深い呼吸が難しい)

個人差もあるので、あくまで推測ですが、来られる方のお話を伺っていると、以上が主な理由だと思います。
この中の項目で、意外と皆さん気にしてらっしゃらない事が、「呼吸」です。
リラックスするにも集中するにも深くかかわる「呼吸」。ふだんは意識せず浅い呼吸を繰り返しているものですが、ヒプノセラピーの最中は「深く呼吸をしてください」「ゆっくりと呼吸してください」などと誘導します。

また、イメージが出ているのに「見えない、分からない」とおっしゃる少数派の方がいらっしゃいます。次章をご覧ください。

イメージが出ているのに気づいていない方

きちんとイメージが出てきているのに、気づかない方も、少数派ですがいらっしゃいます。
例えば、こんな方です。

  1. 「足元を見てください」と言われるのに、空(他の部分)が気になって足元が見られない→他の気になることに意味がある
  2. 「森」をイメージしようとしているのに、オオカミ(他のもの)が出てくる→頭の回転が速い方、イメージ力が特に優れている方に多い
  3. 映像をイメージしようとすると、「こわい」「痛い」などの感情が出て来て、その先に進めない→感情優位タイプ。あるいは、ブロックが強い状態
  4. 映像や画像が出てこないので、「見てください」と言われても見えない。でも、声が聞こえたり、足元の感触はわかる→聴覚・触覚優位タイプ。映像は見えづらいことが多い

1,2の方は、気になることや出てきたイメージの方に意味がありますので、そのまま進められます。ご自分では「うまくイメージできない」と思いこんでいても、実はイメージ力が強いだけで、きちんとできているのです。

3の方は、感情を大切にすることが先決なので、まずは感情の解放が優先です。だんだん感情が落ち着いてくると、何があったのか思い出せるようになります。また、ブロックが強い場合は、「ブロックが強い」ということを自覚する必要があるということです。この、自覚のある・なしで意識は全く変わるので、自問自答の時間とリラックスの時間を増やしていくと、変化していきます。

4の方は、もともと視覚優位ではありません(私もこのタイプです)ので、なんとなく見えづらい気がすると思います。でも、よくよく自分の感覚を信頼してみると、何が起こっているのか、何が見えているのか何となく分かるようになってきます。本当は一回目から全てわかるタイプです。

「見えないこと」にも意味がある

「見えない」ことにも意味がある

「何も見えない」「何も感じない」という時。
そこにも、意味があります。

ひとつ前の章でもお話したように、ブロックがあるかもしれない。
あるいは、恐怖心が強くて、踏み出せないのかもしれない。
現実が変わることが無意識で分かっていて、怖いのかもしれない。
セラピーに依存しすぎているのかもしれない。
理由は、人によりさまざまです。

でも、それに「自分で気づく」ことが何より大切です。誰かに教えてもらうのではなく、誰かに「こうしろ」と命令されるのでもなく。それは、自分自身を知るために必要なことです。

その知る順番も、気づくタイミングも、自分にベストな時に訪れるものです。
周りが押し付けるものでは決してありません。早いとか遅いとかも、関係ありません。すべてがその人にあったタイミングで起こります。

「見えないことが悪い」と主張するサロンへの疑問

以前見かけた「今までのヒプノセラピーで見えなくてお金を無駄にした人へ」のような文句のサロンさん。見かけた時に、違和感がありました。
あとでよくよく考えてみると、「見えない」ことは「悪い事だ」と言っているようだからなのですね。
それは「見えなかった人」を批判していることですので、残念に思いました。

なぜなら、セラピーとは「セラピストの力」ではなく、「受けられる方の力」を最大限発揮できるよう誘導し、その力をお借りして行うものだからです。

「見えなかったこと」を「無駄」というのは、違うのではないかと私は思います。
なぜならさきほどの章でもあるように、「見えない」ということで気づくことも、気づくタイミングすらも、ご本人のベストなタイミングだからです。
そのベストを尊重してこそ、セラピストなのではないかと思いました。

起こることも気づくことも、すべてがご自身のためになります。何が見えたのか、何が見えなかったのか、それらすべてがご本人の現れであり、素晴らしいものです。
それを尊重していきたいと、私は改めて思っています。

セラピストの信条や、体験談はこちらへ

お問合せ・ご相談

受付時間
9:00~16:00(完全予約制)
定休日
日曜・祝祭日

お問合せはこちら

フォームでのお問合せを24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メルマガメンバーズ

メルマガ購読者様専用ページです
プレゼントもこちらからどうぞ

お客さまの声

私には愛される権利がある

20代女性 Cさま

一番心に響いたのは…『愛されるように頑張る必要もありません。あなたは生まれながらに愛される権利があるのですから』 という言葉でした。私という存在価値を低く見ない事。先ずは自分。自分を大切に。悩んだり迷ったりして自分の直感(自分自身)を信じれない事があるので自分を見直す良いきっかけを頂けたと思います。(一部抜粋)

自分の心の声が聞けた

30代女性 Dさま

いろいろあって今に追われてばかり、私は自分がみえないのです・・なにをしたいのかどうしたいのか迷子みたいな気分で、自分の心の声をきいてみたくて、療法をお願いしました。本当にお願いしてよかったと思います。(一部抜粋)